31歳 りんりんの不妊治療blog

京野アートクリニック高輪で体外&顕微受精挑戦中*多嚢胞性症候群*高プロラクチン*慢性子宮内膜炎*31歳妊活

心拍確認と私が住んでいる国について

不妊治療ブログを卒業する時期が近づいてきました。

 

2回目の体外受精にて、ありがたいことに着床し、胎嚢確認後は7w3dに検診がありました。腹部エコーにて心拍確認(145/分)もでき、赤ちゃんが1cmに成長している姿を見ることができました。出産予定日は9月16日になりました。

 

つわりも多少あり、朝起きた時や夜寝る前、お腹が空くと気持ちが悪くなりますが、プラノバールを飲んでいた時よりよりずっとマシです。ピュレグミのレモン味と、梅干し、お茶漬けが今の私の癒しです。グレープフルーツジュースを飲んだり、ラズベリージャムを買ったり、酸っぱいものが欲しくなりました。

 

私は現在マレーシアに住んでいます。マレーシアは子だくさんの国で、マレー人の出生率はまだまだ上がっているようです。不妊治療はあまり関係のない国だと思います。それでも不妊治療のクリニックはあります。数年前、日本で着床前診断が認められていなかった時は日本からも患者さんがきていたようです。この国はエッグドナーも認められているので、そのような治療も可能です。

 

国自体は、2020年に先進国になることを目標にしているようですが、日本と比べてしまうと、街の綺麗さや所得水準、色々と気になります。きっと先進国になるための基準は他にあるのだとは思いますが…。

 

中進国であっても、医療は発達しており、上述のように日本で認めららていない治療もできるということで、そんなに心配はありません。分娩もこちらでする日本人も多いようです。もちろん、まだまだ安定期までは安心できませんが、どこで分娩をするか、出生前診断はするのか、色々と考えていきたいと思います。

 

胎嚢確認とつわり

BT20に胎嚢確認に行きました。無事に子宮の中に8.6mmの胎嚢を見ることができました。おめでとうと言われました。

 

こちらの病院は、HCGの値で妊娠判定したときもcongratulationと言われました。日本の不妊治療クリニックとは少し違いますね。

 

私が通っている東南アジアの病院は、もう経腹エコーなんです。一応パンティー脱いでとも言われたので、見えなかったら経膣エコーにする予定だったのかなぁ。

 

日本もこの時期から経腹エコーなんですか?

そしてHCGも測りませんでした…そういうもの?

 

次回は2週間後に心拍確認です。5週後半から心拍確認できると思っていたのですが、こちらは日本より少し遅めなんですね。

 

初期だからどうなるかまだまだわかりません。しかし、なにせ妊娠するのも初めてなので、日本との比較もできず、いろいろ不安です。

 

そしてつわりが始まりました。一日中ムカムカ。酸っぱいものが食べたくて、レモン水を作っています。私が住んでいる国は日本食はたくさんありますが日本の1.5倍〜2倍くらい。高いですが、それでも日本食が落ち着きます。出汁が最高。

 

こちらは3食外食文化というくらい屋台も多いですしとってもリーズナブル。

でも油を使う量が多く、今の私には合いません…。先週はお腹も壊し(多分疲れと水が合わないとかでしょうか)、体調が悪いです。

 

ご飯もあまり食べられませんが、それでもとっても幸せです。

 

不妊治療の方がずっと辛いし、プラノバール と同じくらいの辛さと考えると幸せなものです。

不妊治療をしている全ての人に、赤ちゃんが授かりますように…と本当に強く願っています…

 

とりとめのない文章でごめんなさい。