31歳 りんりんの不妊治療blog

京野アートクリニック高輪で体外&顕微受精挑戦中*多嚢胞性症候群*高プロラクチン*慢性子宮内膜炎*31歳妊活

初めての採卵スケジュールとゴナールエフペン(自己注射)の経過

多嚢胞性卵巣症候群高プロラクチン、子宮内膜炎

2017年1月→タイミング開始(10回)

2018年3月→人工授精開始(2回)

2018年8月末→体外受精 採卵周期(NOW)

*****

 生理開始から11日目に採卵となりました。アンタゴニスト法での自己注射の副作用と採卵までのスケジュールを記載します。

 

 採卵までのスケジュール

目次

 

★採卵周期初通院・・生理3日目(D3)

     ゴナールエフペン112.5注射 毎朝5日間

 

★採卵周期2回目の通院・・生理8日目(D8)・5日間の自己注射終了後

先生に言われたことは、

  • かなりの大きさまで育っている(24mm~13mm)
  • 採卵日は生理11日目(D11)に決定
  • 本日(D8)と翌日(D9)翌日は再度ゴナールエフペン112.5を注射
  • 超音波検査で見える卵胞は13~14個。目標は13個の採卵
  • 採卵2日前の21時にはルクリン注射0.2ml(きっかりこの時間に注射!!)

 

★3回目の通院は採卵日当日・・生理11日目(D11) 

生理開始11日目に採卵ということになりました。多嚢胞と診断されている私からすると、薬の威力がどれだけすごいのか、ということですよね。生理周期28~48日が普通の私は、生理開始日から排卵まで26日とかかかるのに、それが半分以下で卵が13〜14個育っているのです。

初めての採卵は、ここまでは思ったよりスムーズに来ています。2回目の通院で採卵日決まるなんて思ってなかった。

 

1つ気になるのは、卵の大きさが千差万別ということ。大きいのはD8の時点で24mm、小さいのは13mm。見えている卵の数が14個くらいでそれぞれ大きさが違うわけですよ。24mmもある卵ちゃんは採卵までにどれくらい大きくなるのでしょうか、とても不安。卵の質のこと、今まであまり考えたことなかった…

 

 自己注射の副作用

これまでゴナールエフペンを自己注射してきて、最初は特に副作用もなく余裕でした。ただ注射4日目くらいから徐々に変化が。

  1.  ガスが溜まってしょうがない
  2. 5日目くらいからはお腹がぽっこりしてきた
  3. 尿がチョロチョロとしか出ない
  4. ずーっとお腹が痛い。激しい痛みではなく、仕事もできるけど動くと痛い感じ

  

おそらく卵巣の腫れでお腹が張ってるのでしょう。

 

採卵日まであと2日。

質の良い卵が沢山採れますように…とにかく祈るのみです。