31歳 りんりんの不妊治療blog

京野アートクリニック高輪で体外&顕微受精挑戦中*多嚢胞性症候群*高プロラクチン*慢性子宮内膜炎*31歳妊活

胚盤胞移植 自然周期キャンセル

自然周期で胚盤胞移植をする予定でしたがキャンセルになりました。

悲しすぎて辛すぎて、ついに移植すらさせてもらえないのかと自己否定。年末より海外赴任に帯同するので最後の一回と思っていたのですが…。

 

軽い多嚢胞なので、薬を使って卵胞を育てていましたが、見た目は大きくなるものの、ホルモン値の値が悪く、卵胞が育たず、このままプラノバール を使用してリセットです。

 

卵胞が育たない理由

*多嚢胞

高プロラクチン(値は40くらい)

 

プロラクチンの値は

2017年3月→17.10

2017年11月→16.5

2018年6月→ 33.7

2018年11月→40

 

悪くなってる…。明らかに。理由は不明だけど、やはり仕事と不妊治療のストレスかな。

多嚢胞の人は高プロラクチンの人が多い、プロラクチンが高いと卵胞が育たない。

 

タイミングも人工授精もしていたので先生は自然周期の胚移植いけると思っていたのですが、無理でした。

 

リセットして、私の海外への移動時期を少し延ばして、ホルモン周期で移植します。

 

でも判定日は海外。大丈夫かな?判定してもらえるのかな。不安しかありません…考えないといけないことがたくさんあります。